ヒューマンエネルギーレベル&レベルについての解説

(1) 意識エネルギーレベル               (Maximum 1000)
意識とは,精神的経験全体の安定した流れであって,自己を形成する統一性のとれたものであります。また「意識する」とは,主体的な気づきの感覚であり,そこには何かしらの状況把握や反省が伴われます。意識エネルギーはあなたの意欲、欲求、能力、精神力、気力などを見ます。意識レベルが高い人は、自己開発、自己拡大、発展の可能性があります。意識を活性化させれば人間力が大きくなります。意識レベルが 400 では向上心がなく意欲も少ない。500 以上で意欲、向上心がわいてくる。人間としての総合力を見ます。

(2) 身体活力エネルギーレベル(Vitality)      (Maximum 1000)
身体活力エネルギーは、活気があるか、生気があるか、を見ます。また睡眠機能、肉体疲労度、すなわち活力エネルギーの吸収力を見ます。人間にはチャクラと言うエネルギーセンターがあります。
だれでもが、チャクラを通して宇宙からエネルギーを取り入れており、入ってきたエネルギーは経路に沿って神経系、血液循環系と、身体の隅々にまで浸透していくのであるが、身体活力エネルギーレベルの低い人はチャクラから宇宙エネルギーを吸収しにくい人です。身体機能エネルギーが高いとチャクラから絶えずエネルギーが流入しているので元気です。数値が 100、200、300、ではエネルギー不足で睡眠障害があり、疲労回復が難しい。500 あれば宇宙エネルギーが絶えず身体に入って循環しているので疲労回復が早いし元気ですが肩こりはある。
600、700 以上では元気で肩こりもない、いわゆるエネルギッシュな人。身体活力エネルギーが少ないと(100)首まわりから脳へ行くエネルギーがブロックされて、次のような症状になります。 考えがまとまりにくい。最近自分は「若年性アルツハイマー」になったか、または本当に「アホ」になったのかと思う。「脳梗塞か脳溢血になりそうだ」とも思っています。

(3) 霊的身体エネルギーレベル[感謝の気持ちを持つか] (Maximum 1000)
守護霊は魂(たましい)の親のような存在で、切っても切れない関係にあって終生変わることがありません。その使命は自分の扶養家族ともいうべき地上の人間の霊的進化のために最も有効な体験を積ませ、それが過酷すぎる場合は霊的・精神的に援助して天命を全うするのに支障のないように計らいます。 肉体は、物質体と霊的身体によって構成されていますが、その目に見える肉体部分は衣(ころも)で本質的なものではありません。本質的なものは霊的身体(幽体・霊体・根元体)です。全宇宙の目に映る者、見えないものすべて(森羅万象)を創造した宇宙の大霊(神)によってこの世に遣わされた人間の本質は霊性・精神性と身体の三位一体となったものです。霊的身体を守っているのが守護霊で、そのエネルギーは神から直接流れています。守護霊のエネルギーが流れなくなると霊的身体をガードできなくなり、地縛霊などの邪悪霊が憑きやすくなるのです。生霊は主に自分が出した 怒り・嫉妬・恨みなどの悪感情が自分に返ってきて憑く場合がほとんどです。怠惰霊が憑くと憂鬱でやる気がなくなったり、なまけ癖がついたりします。緊張霊が憑くと、何かが体に乗っかっているような状態になったり、体の筋肉の緊張がとけない、緩まない状態が続きます。地縛霊は自分が亡くなったということを理解していない霊で、面白半分に透視して見せたり、霊視させてまるで本人に超能力があるような素振りをさせます。数値が 800 では守護霊という存在をいまいち意識していないのでエネルギーが流れていません。1000 では守護霊を意識して大きな見えない者への感謝の念があるため霊的身体へエネルギーが流れます。今までに自分と出会った人への感謝と、守護霊への感謝です。霊的エネルギーが流れると怠惰な状態、筋肉の緊張が融けます。憑き物がとれます。
守護霊など思っていない人でも、「自分が今あるのは人からの支えがあるから」と感謝の気持ちを持っている人、宗教に関係なく「自分は守られている」と思っている人は霊的身体エネルギーが流れています。数値が 900 の人は守護霊について勘違いをしているのでこのエネルギーは流れない。

(4) 身体消費エネルギーレベル[肥満度を見る]       (Maximum 1000)
身体活力エネルギーとは別の、新陳代謝、燃焼エネルギーの必要消費量を表すエネルギーレベルです。数値が 400 ならば体型は肥満気味で体を動かすことが大変苦手な人で、ごく少しの食料で代謝エネルギーがまかなえる人。数値が 500 ならば通常の量の食事量でも身に肉が付き、体を動かすのが苦手で、少し肥満ぎみになる人。体を動かすダイエットの方法は長く続かない。(食事量制限か運動をするか、どちらかを採らなければダイエットは出来ない)数値が 600 の人は多めに食事してもあまり太らなく、体を動かすのが好きで、ジッとしているのが苦手な人。数値が 700 800 の人は沢山食べても太らない「ヤセの大食い」的な人で、体を動かすのが非常に好き。ジッとしているのが嫌いでダイエットの心配がない人。

(5) 熟睡力エネルギーレベル                (Maximum 1000)
睡眠機能を見るエネルギーレベルです。身体活力エネルギーが低いと普通は睡眠障害がありますが、土地のエネルギーが出ているか、あるいはストレスを感じないような人は睡眠のエネルギーが流れている場合があります。800 では睡眠障害があり、熟睡していない。950 でも本人は睡眠がとれていると思っていますが、熟睡できていない状態です。 1000 ならば睡眠が良い状態で、熟睡できています。500 の人は寝られない拷問状態

(6) 鎮・ストレスエネルギーレベル            (Maximum 1000)
ストレスを鎮めるエネルギー。ストレスに強いか、弱いかを見ます。1000 の人は何事もストレスとして感じにくい質でストレスをあまり受けない人。ストレスに対してうまく対処できる人で疲労感少ない。950 でもストレス耐性低い。900 ではストレスを受けやすく疲労感がある。ストレス耐性低い。800 の人は物事をストレスとして受け止めてしまうので、なかなか疲れがとれないレベル。ストレス耐性非常に低い。

(7) 左脳領域エネルギーレベル             (Maximum 1000)
左脳は主に言語や論理、計算、調査、分析、記憶を司っていて考えながら仕事をしたり文字を追って本を読んでいる場合などには左脳を重点的に使っています。左脳では直列的に記憶していき、その許容量が小さいため前に覚えた順番に記憶が薄れていきます。また左脳は顕在意識を司っています。左脳は教育のなかで重要視されて、枠組みを覚えて当てはめていき、正解をいかに早く出していくかというような分析的な頭の使い方。950 では右脳が優勢になります。1000 では左脳領域が優勢。左脳の良い使い方は「選択する力」の活用。理性的な冷静さがあります。言葉で物事を考えます。

(8) 右脳領域エネルギーレベル             (Maximum 1000)
右脳は音楽や絵画を鑑賞したり実際に演奏してみたりするような芸術的な面や、想像力やイメージを働かせる場合で活躍します。右脳では見たまま、感じたままをイメージや感覚で瞬間的に記憶します。右脳型の人は感覚的で枠組みの少ない考え方をします。感情的になりやすいので、セルフコントロールが重要になってきます。950 では左脳が優勢になります。1000 では右脳領域が優勢。イメージで、映像で考えています。

(9) ライフスキルエネルギーレベル(Life skill Energy level)  (Maximum 1000)
ライフスキルとは、日常生活で生じるさまざまな問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するのに必要な心理的、社会的能力で、生きていくための幅広い能力(コミュニケーション・問題解決・創造性・目標設定・意志決定・自己認識・共感性・ストレス制御など)を表します。また「心の輝き」「心の強さ」でもあります。800 ならば、心理的、社会的に不安定な状態。900 で心理的、社会的能力が不足しています。950 でもライフスキル不足気味です。1000 ならば心理的社会的能力に優れ、何よりも「心が輝いています」「心が強い人」です。

(10) 潜在意識エネルギーレベル             (Maximum 2000)
潜在意識をうまく利用できているかどうかを見るレベルです。エネルギーが 1000 の人は潜在意識を利用しきれていない人。開発されてない人。1500 ならば多少潜在意識を利用していますがまだまだ利用できていません。2000 ならばうまく潜在意識を利用しています。

(11) 唯物・唯心エネルギーレベル(Economy & Mind)    (Maximum 2000)
唯物・唯心エネルギーレベル(エコノミー・マインドレベル)は物質的生活と精神的道徳的生活のどちらを優勢にするかを見ます。数値の少ない人は 500〜 600 個人主義、現実的で経済的合理性の視点から物事の価値判断をします。社会は、環境適応の水準を上げようとする個人同士が、協力し合うことによって維持されるもので、個人が主体であると思っています。人間は生存本能上、利害得失で動くように遺伝子レベルで組み込まれているので、損得にこだわるのは生来のことです。それはあたりまえのことだから品格と言うことが問われます。レベルの数値が 900〜1100 の人は、個人主義的な面と全体的な面を持ち合わせていて経済的生活視点と精神的道徳的な生活価値観を重視した両面から物事を判断しようとします。レベルの数値が 1500〜2000 の人は、精神的、道徳的生活に価値をおいて物事を判断します。個人は、社会全体を維持するために貢献する部分的な存在で、個人よりも社会全体の方が大事と思っています。また、社会を破壊しないように、絶えず調整・変革しようとします。その反面、経済的な視点、すなわちお金に対しての意識が低くなるので注意してください。 数値が少ない人すなわち経済的生活を重視する人が、倹約家、節約家で、数値の多い人、精神的道徳的生活を重視する人が浪費家とは限りません。

(12) 道徳・倫理エネルギーレベル(Morality Level)     (Maximum 2000)
道徳・倫理エネルギーレベル(モラリティーレベル)の基底部分に悪徳・非道の部分を人はだれでもが少しは持っています。この基底部分をいかに前意識に押さえ込むことが出来るかが基底より上の良心、道徳心、倫理感、を守る心にかかってきます。基底部分より上が少ないと、悪、不正が時々顔を出します。1000 ならば悪いことという自覚がない悪い人。凶悪犯罪者。 1800 の人はチョイ悪。Maxの 2000 ならば悪、不正部分を押さえています。だから人間はその時々の社会の掟・習慣・道徳心・倫理で自分を律しないといけないのです。悪いことをしないように自分を監視するレベルです。

(13) パーソナリティーレベル(Personality Level)       (Maximum 2000)
人間が育つうえで最も重要な人的環境(赤ちゃんの時からの親を含めての人間関係)で、安心感の不足や、満たされない欲求を補うためにパーソナリティー障害(アダルトチルドレンも含む)が出ていないか、つまり自己受容(自分が好きか、自分を受け入れているか?)が低くなっていないか、つまり自己否定していないか?を見るレベル。自己受容度の低いほうから順番に示します。このレベルは自己否定の度合いを表すレベルですが、身体活力エネルギーを低下させる原因となります。「自己妥協」していないか?も見ます。 

(14) 抑・劣等感エネルギーレベル            (Maximum 2000)
抑・劣等感エネルギーは劣等感(Inferiority Comprex)を抑えるエネルギーレベルです。
日本人は気持ちが敏感な民族で、90 %の人が誕生してから初期の成長途上で劣等感を持つようになります。両親から無視されたり、圧迫を受けたり、また劣等感を持つに到る仕打ちを受けたり、また結婚後、配偶者からの仕打ちを受けたなどがあります。数値が低いほど劣等感が強く、身体活力エネルギーを低下させる重要なレベルです。1000 より低いと大変強い劣等感を持っています。1500 でも劣等感はあります。この抑・劣等感エネルギーレベルの低さが一番の問題点です。劣等感やトラウマはなくすことができません。抑・劣等感とありますが、劣等感に打ち勝つ、押さえ込むのです。「天上天下唯我独尊」この世には自分という存在はたった一人しかいません。優れた存在である自分を自覚できないところに全ての問題があるのです。自分は謙虚な人、謙遜していると思っているあなた、それは大間違いです。自分は本当に劣っていると思っているだけです。心が傷ついてない人は、必要な場合には、充分よく考えた上で控えめに振る舞うことができます。これを謙遜、謙虚といいます。ところが傷ついた人や劣等感のある人は、傷つけられたことから生まれる引っ込み思案を、自分は謙虚なんだと思い自分をなぐさめています。

(15) キャラクターレベル(Character Level)        (Maximum 2000)
キャラクターレベルとは、肌の合わない人、何となくムシの好かない人の数を表すレベルです。数値が 500 であれば自分が知っている範囲の人の中で3/4の人と肌が合わない。1000 では1/2の人と肌が合わない。1500 では1/4の人と肌が合わない。2000 なら皆受け入れているということです。
ムシの好かない人に対して、”あなたは嫌い”という思いを伝えた訳でもないのに、自分が嫌いだから相手も自分のことを嫌いだろうと自分勝手に思っているだけで、相手はそのように思ってないので、あまり対象相手を毛嫌いしないような自覚と訓練が必要です。"片嫌い")例えば数値が 500 の人は、ほとんどの人が自分の敵であると思っているが、実は自分の勝手な一方的な考えで嫌いと思っているだけであって、相手は何も敵愾心(テキガイシン)を抱いているわけではないということが理解できたら、ずっと気持ちが楽になる。そして「自分は人から嫌われていないんだ」ということを納得しなければならない。自分が嫌われていると思うことは自分の値打ちを下げることだから、身体エネルギーも下がる要因の一つになります。誰とでも仲良くしなくても良い、嫌いな人は嫌いでも良い。

(16) 鎮・憤怒エネルギー(Anti-fury Energy Level)       (Maximum 2000)
鎮怒とは字のごとく怒りを鎮めることです。鎮怒エネルギーレベルとは、湧いてくる怒りを抑えるエネルギーです。数値が低いほど怒りやすい。500 の人は朝から晩まで、いつも怒っている人、1000 の人も怒りやすい人です。1500 では秘めた怒り(怒っているけど顔は笑っている)を持つ人です。1800〜2000 の人はあまり怒らない人です。身体機能に直接影響を与えるエネルギーレベルです。怒り続けていると、腎臓、肝臓を悪くします。怒りは幼児期に親から受けた圧迫、差別、罵声への恨み、怒り、嫉妬などを抑圧しているために、その抑圧が怒りとなって出てきます。

(17) 自己愛エネルギーレベル             (Maximum 1000)
自己愛は自分を愛しているか、嫌いなところはないか?を見るレベルです。エネルギーが 800 の人は自分のなかで大嫌いな部分があると思っている人。900 でも自分のなかで嫌いな部分があると思っている人。1000 ならば自分という存在が大好きな人。

(18) 自己信頼エネルギーレベル             (Maximum 1000)
自分のことを無理矢理好きになろうとしている人が多い。でも自分を信頼している人は少数です。800 では自分のことを信頼していない人。心の奥底で自分のことを信用していない人です。900 でもまだまだ自分のことを信頼していない人。だめな自分がどこかにいると思っている人。1000 ならば完全に自分のことを信頼している、信用している人。

(19) 利他愛エネルギーレベル             (Maximum 1000)
利他愛とは文字通り、相手に愛を与えることです。利他愛エネルギーが 600 の人は他人に愛を与えることができない人。1000 ならば愛情を与えられる人。人のためになにかしてあげたい、役に立ちたいと思っている人。しかし、愛情不足の人は善いことをしてあげたい第一の相手が自分になる。人のためと思いながら自分のためにしている。

(20) 寛容力エネルギーレベル[思いやりの心]        (Maximum 1000)
人としての徳で必要とされるものは、寛容さです。人を理解することでもあります。900 でも寛容さは少なく、相手を許さず、まだ認めない場合が多々あります。1000 ならば寛容さがあり、相手の人柄を理解したうえで、その人の立場に立った解釈、理解のできる人。他人の欠点に寛容になれる人。また寛容さは「相手を思いやる心」でもあります。

(21) 言語能力エネルギーレベル            (Maximum 1000)
自分が思っていることを言葉で他人に表すことが好きか嫌いかを見ます。900 では言語能力あまりなく、語彙(ボキャブラリー)言葉の数も少なくて無口ではないが、話すのが苦手のほう。950 でもまだ少し話しが苦手。1000 ならば話し好きで、言葉の数も豊富でおしゃべりな人。言語能力と対話能力とは次元が違うので、よく喋る人が対話能力が良いとはいえないし、その反対もありうる。

(22) 対話能力エネルギーレベル(コンバゼーションレベル)  (Maximum 1000)
人との対話能力を見ます。600 ではYesかNoか、あるいは勝つか負けるかの対話方法以外は訓練されていない人なので、少しずつ訓練していく必要があります。まず勝ち負けにこだわらないようにすること。対話中に相手の話をよく聞く訓練をすること。900 ならば少しは対話できるがまだまだ対話能力はない。1000 ならば自分の意見を主張してなおかつ相手の意見も尊重しながら双方が納得出来るような回答を出すように努力できる本当の対話の出来る人で、トラブルがあっても相手の気持ちを配慮しながら解決できる。
対話能力は幼児期に親と対話が出来たかどうかできまります。対話能力 1000 の人は小さいときに親とよく対話の出来た人に多いです。大多数の人は対話能力が 600 と低いです。(80%)自分が小さいとき、親が命令調で話すので返答できずに我慢していた。当然親は子供の言うことは一切聞かない。こういう状況で育ってきたので、対話は親からの一方的な通達だけで反論はゆるされないし、そして我慢しているので、対話とはついケンカになってしまいます。つまり対話=ケンカ(反発)という図式のなかで育っているので、成人してからも対話とは勝ち負けになってしまいます。相手が弱いと意見を言えるし、相手が強ければこちらはだまってしまう。ということの連続です。勝ちか負けかの間にある言葉を知らないので、怒って反論するか、何も言えずにだまってしまうかのどちらかになってしまいがちです。対話能力は人間力の指標です。対話能力を向上させるためには、自分の考えをわかりやすく説明できると同時に、他人の意見をきちんと聞いて適切なコメントを加えられなくてはならない。自分の考えを述べ、それに対する相手の応答をふまえて考えを深めていく、あるいは他人の考えを聞き、それに応答するなかでよりよい考えを見つけていくといった相互作用のなかで、練習を積み重ねていくより方法はありません。人と穏やかに話す練習をしてください。

(23) 対話時傾聴力エネルギーレベル           (Maximum 1000)
人との会話、対話中に相手の話を聞いてあげることが出来るかの能力のエネルギーレベル。
500 ではほとんど相手の話を聴かない。600 では、あまり相手の話を聴いていない人。 900ならば、相手の話を二割くらいは聴いてあげることができる人。950 でも相手の話を三割くらい聴くだけで、聴きながら次に自分が何を喋ってあげようか?考えている人。 1000 ならば相手が何を言いたいのか、なにが分かってほしいのか?を考えながら、話を良く聴いてあげることができる人。

(24) 対話時抑・闘争心エネルギーレベル          (Maximum 1000)
人との会話、対話中に相手と勝ち負けにこだわって話していないか?を見るエネルギーレベル。
800 では相手との勝ち負けに非常にこだわるひとです。相手に勝とうとする人。950 でも、まだまだ相手との会話の勝負にこだわります。力関係に左右され、相手が弱い立場の人ならば穏やかにしゃべっていても自分の意見をおしつけています。(勝っています)1000 ならば相手の立場にたってものを考えることができる人。穏やかに話すことができるし、怒っている人にも穏やかに話すことができます。人と穏やかに話しを進める、穏やかに自分の意志を伝える練習をしていくと、勝ち負けにこだわらないようになります。まず、闘争心をなくさないと人の話を聴く事ができません。

(25) 対話時抑・高慢エネルギーレベル          (Maximum 1000)
普段は高慢さは出ていませんが、いざ対話になると高所から相手を見がちです。800 ならば対話のときに相当、相手を下に見ているところがあります。 900 でもまだまだ高慢さが出ています。1000 ならば年齢性別に関係なく相手と同じレベルに下がって対話することができる人。

(26) コミュニケーション力エネルギーレベル          (Maximum 1000)
信頼関係の基礎となるコミュニケーションは自分の伝えたいことを相手に伝え、その伝えたことを相手がどのように理解したかを自分が理解できたかを知るエネルギーレベルです。800の人は自分の意志、思いを相手にあまり伝えない人。変わった人と思われている。900 の人は自分の伝えたい思い、考えなどを伝えっ放しにして相手がそのことを理解したかどうかに無頓着な人。950 の人でも、伝えたことがどれだけ相手の人に理解してもらっているか考えない人。1000 ならば伝えた事を相手が理解したかどうかを絶えず確認している人。

(27) 出会い力エネルギーレベル            (Maximum 1000)
人との出会いにはある種の才能、感度が必要です。今の延長線上と異なる未来を得るためにも出会い力のUPが必要です。600 では出会い力あまり無い。800 では出会える能力があります。1000 ならば多くの素晴らしい出会いがあります。笑顔と対話能力のアップ、総合的な人間力のアップが出会い力エネルギーを上げます。出会いを良いものにするためにも対話能力が必要となってきます。せっかくの良い出会いを相手の話を聴かず、喋りっぱなしで出会った人との関係をつぶしてしまわぬように対話能力を磨いていきましょう。

(28) 感情調整エネルギーレベル(自己コントロール)     (Maximum 1000)
自分の感情をいかに調整(コントロール)できるかという重要なエネルギーレベルです。600 は自分の感情をコントロールできない人で激昂したり、落ち込んだり気持ちが動揺しているときは冷静さを維持することができない。900 ではまだ感情調整がうまく出来ず、怒っている時など顔に出したりそぶりで分かる。また気まずいことがあった相手との関係修復はまだ難しい。 1000 ならば自分の感情をコントロールできる人。気まずいことがあった相手とでも関係修復が出来る人。

(29) 親密度エネルギーレベル              (Maximum 1000)
自分と人との距離感を見るエネルギーで、数値の低い人は相手との距離を置いて自分のスペースと客観性を保ち、理性的に相手を見ることが出来る人です。決定には感情をまじえません。そのため、新しいアイディアや情報にも抵抗がありません。数値が高いと相手との距離をどんどんを縮める人で、感情的な人です。あなたの感情は、相手には存在感として伝わります。これは相手をいらだたせることもあれば、刺激することもあります。精神的な隔たりがなくなることで、距離感が近くなります。400 で引きこもりぎみ、500 では相手との距離を保ちます。自分に連絡がなくても平気だから、人にもあまり連絡しない。600 では相手に親しみを持つ。900 は相手にかなり親しみを持つ。

(30) 親近感エネルギーレベル          (Maximum 1000)
前(29)の親密度は自分が思う、人に対する距離感で、親近感は他人が自分に対してどれくらいの距離感を持っているかを見ます。つまり、他人が自分に対して親しみを持たないかあるいは親しみを持ってくれるのかを見ます。 600 では孤高の人で近寄りがたい雰囲気のある人。800 ではまだ近寄りがたいところがある人。少し親しみの持てない人。
900 でもまだ少し近寄りがたいところが見えるので、人が寄ってこないところがあります。800、900 の人は落ち着きのある人と見られます。 1000 ならばどんどん人が近寄ってくる雰囲気のある人。親しみのある人。反面少し軽く見られる場合がある。

(31) 抑・自責エネルギー                (Maximum 1000)
抑・自責エネルギーレベルとは、自分への怒り「自分を責める」度合いを見るエネルギーレベルです。人間は他人への怒りとともに自分へも怒りを向けることがあります。自分はこの世にたった一人しかいない尊い存在ですが、そのようなすばらしい自分に怒りを向ける、自分を責めることは自己否定です。数値が低いほど自分に怒っている。 500 の人はもめ事があったときに、その事態を解決させるために「自分が悪いからだ」「自分が謝ればまるくおさまる」など自分を責める"クセ"が付いていて引いていまう。幼少時に親などから責められて、「親が怒っているのは自分が悪いからだ」と自分を責める習慣になっているから、改めなければならない。 500 は何かにつけ「自分はふがいない」とか、「自分はだめだ」、「自分はもっと出来るはずだ」など責める人。またすぐに反省する人。800 でもまだ自分を責める、自分に怒りを向けている人。反省する人。 1000 は自分に怒りを向けていない人です。後のために本当に悪かったら改善しようと反省しますが、後悔はしません。自分に怒りを向けることは自分の値打ちを下げることだから、身体活力エネルギーを下げる要因の一つになります。

(32) 鎮・恐怖エネルギー(Anti-terror Energy Level)    (Maximum 1000)
恐怖心を押さえようとするエネルギーレベルで数値が低いほど恐がりの人。「恐れと不安は違う情動(感情の動き)です。」小さいときのイジメなど人的環境が悪く、小さいときにかわいがられた人に割合多く、数値が 300 の人は恐怖症で一人でいられないし、社会が怖いと思う人もいる(社会不安障害)。数値が 500 の人は怒る人に萎縮し、夜道は怖くて一人で歩けないし、車で夜道を一人で運転するのを避ける。数値 800 の人は人と話すときに少しドキドキする程度。

(33) セルフ・イメージエネルギーレベル       (Maximum 1000)
セルフ・イメージとは「今までの自分が体験してきたなかで一番快適だった状態、何も心配事がなく素敵に過ごせたとき」を自身最高のイメージとして数値 1000 で表し、現在の状態を比較数値化したものです。数値が 800 と低いのはセルフ・イメージの状態が非常に悪く、不快感があり、居心地が悪い状態にある。快適とはほど遠い。900 でもセルフ・イメージ低く居心地が悪く、何とかせねば!と思っているがうまくいかない。950 でも悪い状態で、快適ではない。1000 ならば自分らしく安心して行動でき、平穏な状態(快適領域)にあって可能性、発展性がある。

(34) 心のリラックスエネルギーレベル(Relaxational Energy)  (Maximum 1000)
心がリラックス状態ならば身体もリラックスしていると思われがちだが、心のリラックスと身体のリラックスは全く別です。心のリラックスエネルギーが 1000 の人は心にゆとりを持ちたいと思っていて、マイペースで仕事の出来る人。物事を頼まれても適当に断れる人。数値が 500 の人は自分で計画した仕事、行事なのにそれに振り回されて、追われる状態にあり、心に余裕がなく、気が急(セ)いている人。断ることができないので、人のために仕事をしているようなもの。心のリラックスが 800 の人は、少し仕事に追われている。やはりマイペースで仕事は出来ない人です。

(35) 潤・渇愛エネルギーレベル             (Maximum 1000)
愛情不足という人間の持つ普遍的な情動の一つです。数値が多いほど 1000 愛情を充分に受けた人で、他人にも愛情を与えられる人。 500 では幼児期の両親からの愛情不足で、今でも満たされなくて、人からの愛情を求めている人で、他人に愛を与えられない人。800 は他人からの愛情を求める度合いがまだまだある人。現在 1000 の人でも、昔は低くて愛情不足だったのが、成人してから徐々に克服していった場合の方が多いです。

(36)  ユーモア力エネルギーレベル              (Maximum 1000)
ユーモア力は人を楽しくさせてあげれるか?のエネルギーレベルです。単に「ジョーク」を言ったりするのではなく、変化することが楽しい!人のためになることが楽しい!など、その人が一所懸命することが楽しい!と思うような環境を作ってあげれるか?のエネルギーレベルです。800 ならばユーモアの分からない人で「堅苦しい人」と思われる。900 の人はユーモアよりも「深刻さ」が表に現れてやはり堅い印象がある。950 でも少し堅いところがあります。1000 の人は、自らも楽しむし、人を楽しくさせてあげることが出来ます。

アダルトチルドレン度 (Maximum 1000)
数値が 500 ならばアダルトチルドレン度が強く、大人になりきれていない子供のような人です。800 ならばやや強い。1000 ではアダルトチルドレンではない状態。愛情不足の面で両親のどちらに対してより愛情が不足していたかを愛情不足度で見ます。数値が
1000 で愛情不足を感じないし、800 ではやや強く愛情が不足している状態。同様に父母のトラウマ(心の傷)でも 500 なら強い、800 ではやや強いトラウマ(心の傷)があり、1000 ではトラウマは持っていない。あるいは克服した人。自分のことが受け入れられない・劣等感が強い・自分が嫌いだなどと思っている人、怒り、恨み、妬み、恐怖の四大悪感情が湧いてくる状態から抜けきれないとも思っている人。これらはアダルトチルドレンの人の特徴です。
最後の@からJまでの項目はアダルトチルドレンのため生じる主な状態なのですが、親から受け継がれた「負の遺産」でもあります。親もまたアダルトチルドレンでした。先祖代々連綿として受け継がれてきました。自分の子供にもすでに受け渡しているかもしれません。このアダルトチルドレンの連鎖を子供、孫に継がせぬようあなたの代で断ち切りましょう。